忍者ブログ
釘宮病の闘病記。リンクフリー。
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
2018/08/20 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/17 (Mon)
こっそり取っていた夏休み終了です。

帰省時にラキ☆クロの皆様との飲み会があったのですが、そこでdult社長が仰っていた「今ガンダムXのプラモを作っている」って話。Xは確かMGが出てないから、プラモも見るには見るけど、それはX放映当時のHG版だけなハズで、中々マニアックなモノ手に入れてるな~って思ったのですけれども、今冷静にあの時の「ちゃんと背中にXってついてる」って話を分析すると、それってひょっとして、ガンダムXじゃなくって、クロスボーンガンダムX1じゃないかとか思ったわけです。

Xの背中がXになるのは、サテライトキャノン発射のときだけだぜ?普段はどっちかと言うとLのはず。

社会に出るとガンダムに詳しいと自称する人は数多いですが、その中でもクロスボーンガンダムを知ってる人は、どっちかというとスパロボ好きって気がしないでもないです。

それはだからどうしたって話でもなく。まあがんばれ。


さて。本題。先日も話題にしました三国志10。7、8の流れで全武将プレイ可能!って一点は確実に最新作11よりも評価していいポイントだと思うわけです。(11はCPUの思考パターンが良くないという話も聞きますし)

ところで、この三国志10。パワーアップキットも揃えると二世育成の他に、キャラクターエディタ機能が追加されます。これは武将の能力や特技が自由に編集可能になる代物なのですけれども、その他に、武将の顔グラフィックに、自分のPCのBMPファイルを使うことが可能になったりもするのです。

つまり。元よりある新武将作成機能に加えて、この画像適用システムを利用することにより、自分の好きなキャラをお手軽にハイクオリティに量産することができるわけで、これを利用して、架空戦記作るシリーズが結構ニコニコ動画に出てるわけですが、これが中々に楽しい。





例えばこのシリーズはアイドルマスター+三国志ですけれども。作者のアイマスと三国志にかける愛が溢れかえっていて。俺、アイマスとか全然知らないけど、閣下が超カッコいいことだけは本能で理解した。

何かこの遊びは面白そうなので、とりあえず今からコードギアスキャラとか量産してみようかとか思った。だって、孔明の罠にかかって敗走する黒の騎士団とか、考えるだけでワクワクしますよ?

うーん。実に自由度の高いゲームだ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アレンジ   HOME   近況
ブログ内検索
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近のコメント
[07/17 ジョー]
[07/16 die]
[07/07 ジョー]
[07/07 die]
[07/01 ジョー]
プロフィール
HN:
ジョー
HP:
おまかせ広告
忍者ブログ [PR]