忍者ブログ
釘宮病の闘病記。リンクフリー。
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [6
2018/09/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/02/19 (Mon)

激獣戦隊ゲキレンジャー。修行その1「ニキニキ!激獣拳」。


ケモノを心に感じ、ケモノの力を手にする拳法── 「獣拳」
   「獣拳」に相対する二つの流派あり
   一つ、正義の獣拳「激獣拳ビーストアーツ」
   一つ、邪悪な獣拳「臨獣拳アクガタ」
   戦う宿命の拳士たちは日々、高みを目指して、学び、変わる!

オープニングがステキ過ぎます。

とりあえず、この超ステキナレーション&ベタベタな映像と、木の上から降ってくるパンダの群れパンダのマウント取って噛み付く半裸の主人公というお腹一杯なコンボで、開幕から物凄い勢いで僕らのハートを鷲づかみ。

あのさ。一つだけ言いたいんだけどさ。日本にパンダなんて居ねぇよ。だったらアレは中国の密林の話なのか?と、考えると、日本からセスナで中国に行くってのもどうかって話で。

いやあ。いい。実にいい。むしろ戦隊モノはこうでないと駄目だ。

そして、今回のモチーフはカンフー。ということで、もちろん戦闘員の皆さんはキョンシー。ああ、そう言えばキョンシーと言えば…。

これはひょっとすると、時代が俺に追いついてきたということなんでしょうか?そういう解釈でよろしいのでしょうか?

そして、幼女をいじめるとパワーアップする変態とか、第一話からしてかなりぶっ飛んだ敵が出てきつつ、その子供を守るためにレッド変身!「何だあのパワーは!?」の展開は、もう物凄くベタながらも燃える。下手に武器に頼らない戦闘スタイルだからか、ヒーロー自身が強いって感じが非常に良く出てる気が。ああもう、たまらん。朝から魂が震える。

今年は初っ端から面白くて何よりです。何か今年は、かのキョンの名言「俺、実はポニーテール萌えなんだ」とか聞く機会が増えるのではないかという予感がしますが。気のせいでしょうか?

とりあえず来週も楽しみに。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最近のコメント
[07/17 ジョー]
[07/16 die]
[07/07 ジョー]
[07/07 die]
[07/01 ジョー]
プロフィール
HN:
ジョー
HP:
おまかせ広告
忍者ブログ [PR]